週刊風良里~風の便り~


〒783-0052  高知県南国市左右山102-1
( お問い合わせ  )

風猫通信 ~猫のしっぽのコラム~

令和3年1月30日 第1117号

標題。本コラムは当初より『猫のしっぽ』として少し道の駅のこと、ほとんどはそれ以外の『よしなしごと』について書いて来ました。 何故『しっぽ』なのか?。ここ高知県が日本のしっぽ(最果て・フロンティア‐辺境・ビリ県)というのもさりながら単純に『好き』なのが大きい。

先日ごく久しぶりに香南市の県立のいち動物公園に行った際、見るのはやっぱりしっぽ。動物の価値はしっぽで決まる!!と確信している『しっぽ評論家(自称)』の私風猫子が選んだベスト3は…。
1位 レッサーパンダ ナチュラルに太さNo.1でしっぽだけならジャイアントパンダにも圧勝!!
2位 ウンピョウ ストレート系で胴とほぼ同じ長さの美しく気品ある握りたいしっぽ (噛まれる)
3位 ビントロング 木に巻き付けられるパワフルな多機能しっぽ 本体は木に引っ掛かってて残念
『尾は口ほどにものを言い』で感情表現も楽しめ、この点から言えば人間は『最低』です。

第1117号の週刊風良里『風の便り』(PDF版)はココをクリック 

令和3年1月23日 第1116号

視座。今週末はだいぶ暖かくなったが、前半は寒かった。 19日(火)ネットでISS(国際宇宙ステーション)が日本上空を通過するとの情報で、コースを見ると本県上空を一直線。 なので、これは見ないといかん!!と仕事を繰り合わせて準備。道の駅閉店直後の6時8分頃、日没後の最後の青みが残る快晴の南西の中天に一点の光が現れ前進、天頂近くの三日月の傍を通り北東の空に消え、その間ほぼ5分前後。寒風が吹き荒ぶ中にも関わらず、目が釘付けになる天文ショーでした。

400㎞上空の宇宙は、地球上から言えばほぼ『神の視座』。 20日(水)にはアメリカの新大統領にバイデン氏が就任。 一方的に様々なごたごたを起こす前任者に振り回され、今後も面倒が続きそうな同国やコロナ禍が収束の兆しも見えない世界も、宇宙の規模からは『こんまい』事かも。

第1116号の週刊風良里『風の便り』(PDF版)はココをクリック 

令和3年1月16日 第1115号

極寒。先週末は寒かった。特に8日(金)は朝通勤で車を出し外気温を見ると-4℃!! 後免では-7℃を記録したそうで、ここ南国市でこれほどの寒さはちょっと記憶になく、ハンドルを持つ手が痛い位。 その後の土日もフロントガラスがばりばりに凍り付き、結晶が観察できるほど。気温の寒さもさりながら、人出や売り上げも『真冬』で、いっそ冬眠した方がまだましかも、、という3連休となりました。 何分にもコロナ禍が終息しないと回復は見込めず今は忍耐の一語です。

さて、最近歳のせいか色々な間違いがある。先日も人の名前を誤ってしまい、気付いても文字通り『後の祭り』。何度もお会いしたことがある方に、変な刷り込みで他の名字を言う大失態、誠に申し訳ありませんでした。 こうした『ぼけ封じ』には『シニアの原宿‐巣鴨』のとげぬき地蔵!!の近くにSNSでの友人(先輩)がおり、この方はギターの達人。 先日自演のCDが届いたが、これが凄かった。アコースティック、エレキギターのみならずベースやキーボードまで全部ご自身での演奏(多重)録音で、まさに『玄人はだし』。自分も及ばずながら人前でできる位にはしないとネ。

第1115号の週刊風良里『風の便り』(PDF版)はココをクリック 

令和3年1月9日 第1114号

境界。素人(アマチュア)と玄人(プロ)の境目はどこにあるのか考えた。 明確な線引きは難しく技術だけならプロを凌ぐ所謂『玄人はだし』のアマチュアも居るが、つまるところ『それで食って(お金を稼いで)ゆけるかどうか』にかかって来るのでは。 自ら古典芸能を能くするとある財界人の『素人は上手くなる程金がかかり、玄人(プロ)は上手くなる程金が貯まる‐大意』という言葉がその辺りを良く表現。 あと、好きな事を追求した結果、偶々周りの環境や時流が合い実力も認められた、例‐学者、漫画家、音楽家、歌手、スポーツ選手、棋士等々も居ます。何れにせよ、標記の境界を超えてプロになるには、とてつもない位の好き!!と努力+幸運も必要。 なれたとしても結果が全てなので、生半可な覚悟では踏み込めない厳しい世界ではないでしょうか。

第1114号の週刊風良里『風の便り』(PDF版)はココをクリック 

令和3年1月2日 第1113号

反省。昨年は、今までの『常識』がそうでなかったことに気付かされた年でした。 開業から20年以上を経、いつの間にかお客様は来て当たり前という不遜で傲慢な想いも生じてはいなかったか、深く反省もさせられました。商業や飲食業としての収益機能が麻痺した年度前半を越え、『毎日が当たり前ではなく有難い』ことに気づけたのは、苦戦した中でせめてもの収穫です。

換話転題、毎年クリスマスから正月すぎの年明けにかけ体重が増加し高止まりする傾向にあるので、その対策の一つとして考えたのが『猫スクワット』。さくらさん(3.8㎏)とコタロー(6㎏)を胸の前で抱っこし、前者は30回、後者は20回ごく浅めの膝屈伸をするというもの。簡単にも思えるが意外と『来て』特に後者はみっしりとした重さがあるので大腿四頭筋がぷるぷるします。本猫達、足を上に仰向けざまで動けず半ば観念し柔らかな健康器具となっているのです。ゴメンネ。

第1113号の週刊風良里『風の便り』(PDF版)はココをクリック 

バックナンバーインデックス

年/月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年
(令和3年)
1113~
1117
1118~
1121
1122~
1125
1126~
1129
1130~
1134
1135~
1138
1139~
1143
1144~
1147
       
2020年
(令和2年)
1061~
1064
1065~
1069
1070~
1073
1074~
1077
1078~
1082
1083~
1086
1087~
1090
1091~
1095
1096~
1099
1100~
1104
1105~
1108
1109~
1112
2019年
(平成31年)
1009~
1012
1013~
1016
1017~
1021
1022~
1025
1026~
1029
1030~
1034
1035~
1038
1039~
1043
1044~
1047
1048~
1051
1052~
1056
1057~
1060
2018年
(平成30年)
957~
960
961~
964
965~
969
970~
973
974~
977
978~
982
983~
986
987~
990
991~
995
996~
999
1000~
1003
1004~
1008
2017年
(平成29年)
905~
908
909~
912
913~
916
917~
921
922~
925
926~
929
930~
934
935~
938
939~
943
944~
947
948~
951
952~
956
2016年
(平成28年)
852~
856
857~
860
861~
864
865~
869
870~
873
874~
877
878~
882
883~
886
887~
890
891~
895
896~
899
900~
904
2015年
(平成27年)
800~
804
805~
808
809~
812
813~
816
817~
821
822~
825
826~
829
830~
834
835~
838
839~
843
844~
847
848~
851
2014年
(平成26年)
748~
751
752~
755
756~
760
761~
764
765~
769
770~
773
774~
777
778~
782
783~
786
787~
790
791~
795
796~
799
2013年
(平成25年)
696~
699
700~
703
704~
708
709~
712
713~
716
717~
721
722~
725
726~
730
731~
734
735~
738
739~
743
744~
747
2012年
(平成24年)
644~
647
648~
651
652~
656
657~
660
661~
664
665~
669
670~
673
674~
677
678~
682
683~
686
687~
690
691~
695
2011年
(平成23年)
592~
596
597~
600
601~
604
605~
609
610~
613
614~
617
618~
622
623~
626
627~
629
630~
634
635~
638
639~
643
年/月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年
(平成22年)
540~
544
545~
548
549~
552
553~
556
557~
561
562~
565
566~
570
571~
574
575~
578
579~
583
584~
587
588~
591
2009年
(平成21年)
488~
492
493~
596
497~
500
501~
504
505~
509
510~
513
514~
517
518~
522
523~
526
527~
531
532~
535
536~
539
2008年
(平成20年)
436~
439
440~
443
444~
448
449~
452
453~
457
458~
461
462~
465
466~
470
471~
474
475~
478
479~
483
484~
487
2007年
(平成19年)
384~
387
388~
391
392~
396
397~
400
401~
404
405~
409
410~
413
414~
417
418~
422
423~
426
427~
430
431~
435
2006年
(平成18年)
332~
335
336~
339
340~
343
344~
348
349~
352
353~
356
357~
361
362~
365
366~
370
371~
374
375~
378
379~
383
2005年
(平成17年)
279~
283
284~
287
288~
291
292~
296
297~
300
301~
304
305~
309
310~
313
314~
317
318~
322
323~
326
327~
331
2004年
(平成16年)
227~
231
232~
235
236~
239
240~
243
244~
248
249~
252
253~
257
258~
261
262~
265
266~
270
271~
274
275~
278
2003年
(平成15年)
175~
178
179~
182
183~
187
188~
191
192~
196
197~
200
201~
204
205~
209
210~
213
214~
217
218~
222
223~
226
2002年
(平成14年)
123~
126
127~
130
131~
135
136~
139
140~
143
144~
148
149~
152
153~
157
158~
161
162~
165
166~
170
171~
174
2001年
(平成13年)
    79~
83
84~
87
88~
91
92~
95
97~
100
101~
104
105~
109
110~
113
114~
117
118~
121
 

PAGE TOP